【即ハメ】美人のシングルマザーと濃厚セックス

こんばんは!DAIKIです。

今回は30代後半の色気たっぷりの美人シングルマザーの「なつみ」さんと昼間から濃厚セックスしてきました。

なつみさんをご紹介します。

年齢:30代後半
職業:自営業・シングルマザー
見た目:美人系
スタイル:普通体型のDカップ
性格:明るい
エロ度:★★★★★

なつみさんは在宅でWeb関係の事業をしているシングルマザーです。

自営業のため仕事の時間の融通しやすくアポは調整しやすかったです。

彼氏はいるらしいのですが、夜の営みはイマイチらしくセフレを探すためにハッピーメールに登録したようです。

登録して直ぐにDAIKIを見つけてくれ、メッセージをやり取りして即ハメのアポが取れました。

ハッピーメールで即ハメのアポ決定

今回使ったサイトは、若くてエロい女子が多いと評判のハッピーメールです。

ハッピーメールでセフレを募集したところ、なつみさんが掲示板を見てくれたので、追撃メールを送りました。

そしたら、直ぐにカカオでやり取りすることになりました。

 

なつきちゃん
カカオ、登録できました!
DAIKI
メッセージありがとうございます。
メッセージのやり取りでもOKですし、よろしければ一度お会いしませんか?
なつきちゃん
はじめまして。このようなやりとり、初めてなのですがか。DAIKIさんはたくさんの方とお会いしているようですね。
お互いに素性は詮索せず、理想的な関係を続けていける人に出会えたらと思っています。
DAIKIさんはどんな目的で?
なつきちゃんはいきなりセフレを探しているとカミングアウトしてくれました。
私もセフレを探していると分かるように返事をします。
DAIKI
同じ目的だと思います。
程よい距離感が保てる大人な関係のパートナーを探しています。
なつきちゃん
定期的に合う人を決めていないのですか?
DAIKI
今は、たまたま定期的に合う人がいない感じですね。
以前は居たんですけど、お相手も事情があり合わなくなりました。
こんな感じでセフレのこと、会った時の流れ、セックスの好みやNGの話などのやり取りを続けました。
ある程度やり取りを続けたら信頼してもらえたようで、顔写真も送ってもらいました。
写真からなつきさんは、色気のある美人な印象を感じました。
アポの予定も決めます。
DAIKI
ちなみに、明日はご予定はいかがですか。
なつきちゃん
空いていますよ。実際に会うとなると、ドキドキしますね。
DAIKI
ちなみに、明日はご予定はいかがですか。
なつきちゃん
空いていますよ。実際に会うとなると、ドキドキしますね。
DAIKI
ちなみに、明日はご予定はいかがですか。
なつきちゃん
空いていますよ。実際に会うとなると、ドキドキしますね。
DAIKI
良かったです。
私もドキドキしています。
明日はお昼からでもOKですか?
なつきちゃん
夜はうちにいたいので、お昼で大丈夫です。
DAIKI
12時に◯◯◯はいかがでしょうか?
という感じで、待ち合わせ場所と時間を決めました。
なつきちゃんは、DAIKIの家の近くまで車で来てくれることになりました。
そこで、待ち合わせして即ホテルの約束をしました。
なつきちゃん
お互いに秘密厳守でお願いします。
楽しみにしていますね。
こんな感じで無事に即ハメのアポが取れました。

地元のとある場所で待合せ

今日は即ハメの確定アポの日です。

車でなつきちゃんとの待ち合わせ場所に向かいます。

待ち合わせ場所に着いたら、車の種類と色、今日の服装をなつきちゃんにメッセージで伝えます。

しばらくしたら、なつきちゃんが私の車のところに来てくれました。

写真通りのフェロモン系の美人です。

「DAIKIさんですか?なつきです。」

「今日はよろしくお願いします。」

無事に合流したので、なつきちゃんを車に乗せて地元のホテルへ向かいます。

飲み物を買いたいということで、途中でコンビニに寄ります。

コンビニでは、お茶と休憩のときに食べる予定のスイーツを買いました。

しばらく車を走らせ無事にホテルに到着です。

美人シングルマザーと潮吹き濃厚セックス

初めて利用するラブホテルでしたが広くてキレイな部屋でした。

部屋に入ったら、荷物を置いて上着を脱いで一段落します。

とりあえず、お風呂を入れます。

一緒にお風呂に入ろうかと誘いましたが、恥ずかしいということで、なつきちゃんからお風呂に入ってもらうことに。

なつきちゃんが出るのを待っていましたが

「入ってきていいよ。」

まさかのお誘いが。

一人で待っているのは寂しいのではないかと思って声をかけてくれたみたいです。

私も服を脱いで一緒にお風呂へ。

なつきちゃんはお風呂に浸かっていました。

シャワーでからだを洗ってから私も湯船に浸かります。

お風呂では、キスをしたり、おっぱいを触ったりしてイチャイチャします。

からだも温まったのでお風呂から出ます。

オイルマッサージ

まずはオイルマッサージをしてからだを疲れをほぐします。

なつきちゃんには、ベットの上でうつ伏せになってもらいます。

足、お尻、背中、肩の順にマッサージをします。

「う~ん、気持ちいいよ~。」

かなり喜んでもらえたようです。

からだもほぐれセックスの準備もできました。

まずはたっぷりの前戯

上向きになってもらったらキスをしながら前戯を開始です。

なつきちゃんはキスが好きみたいなので、キスを多めにしながら胸と内ももを中心にフェザータッチをしていきます。

「はぁ、は、はぁ、はぁ、、、、」

せつなそうに、小さなあえぎ声をあげます。

「おっぱい舐めて、、、」

物足りないのか、早くもおねだりをしてきます。

おねだりを上手にできたので、おっぱいを乳首を避けて舐めてあげます。

「意地悪しないで、、、」

「お願いされたどおりにしているよ

なつきちゃんは、少し恥ずかしそうに

「乳首を舐めてください、、、」

はい。上手におねだりできました。

ご褒美に乳首もなめてあげます。

なつきちゃんは、かなりMなようです。

「はぁん、気持ちいいよ、あん、はぁ、あぁ、、」

乳首を刺激しているだけなのに、よがって良い声で鳴いてくれています。

ふと、下の方を見ると秘部からは愛液がたっぷりと溢れてきています。

指に溢れ出ている愛液を付けて、クリトリスを優しく愛撫します。

「あぁぁぁん、はぁん、あん、はぁ、あぅ、あん、」

本当に気持ちよさそうに鳴いてくれます。

今度は、体勢を変えて69(シックスナイン)をします。

「ふぅぐん、はぐん、ふん、はぁん、あん、」

私の大きな息子を、なつきちゃんの小さな口で一生懸命舐めてくれます。

私もお返しにクリトリスを丹念に舐めていきます。

クンニを始めると、なつきちゃんはあまりの気持ちよさに私の息子への奉仕が止まってしまいます。

「気持ちよくても、ちゃんと舐めてね。

「はぁあい、ふぁん、あん、はぁん」

時折、快楽に負けそうになりますが、なんとか頑張って舐めてくれます。

なつきちゃんは喘息絶頂に突入

お互い十分に準備が整ったので、息子にゴムを付けて正常位で挿入します。

ぐちょぐちょに濡れているので簡単に入っていきます。

「はぁ、あぁぁぁ、あぐぅ」

なつきちゃんは口をパクパクさせながら気持ちよさそうな表情を浮かべています。

息子でおまんこの一番奥をグリグリすると

「そこ、気持ちいい、ダ、ダメ、はぐふぅ」

いい声で鳴いてくれます。

なつきちゃんの感じているようすを確認しながら腰をゆっくりと動かし始めます。

「あん、はん、あっ、あん、あん」

リズミカルにあえぎ声が漏れます。

しばらく、ピストン運動を続けると、

「ダメ、イッちゃう。あっ。。。」

1回目の絶頂を迎えました。

「はっ、はぁ、はぁ、はぁ、、、」

体位を騎乗位に変えて、なつきちゃんに自由に動いてもらいます。

息子を自分の気持ちいいところに当てて腰を前後に振ります。

「あ~ん、いい、はぁん、あん」

しばらくすると、2回目の絶頂を迎えます。

「はぁん、あん、またイッちゃう、あぁぁぁぁ~」

からだの力が抜け、からだが前に倒れてきます。

ぐったりしたなつきちゃんを下から突き上げるように腰を動かします。

私も、そのまま放出させます。

「あ、ダメ、あん、またイッちゃう」

なつきちゃんも同時に最後の絶頂を迎えます。

後戯でアフタートーク

イキすぎて、ぐったりしているなつきちゃんを風引かないように拭いて掛け布団を被せて休憩します。

こんなにいっぱいイッたのは初めてで、最高に気持ちよかったとのこと。

楽しんでもらえたようで良かったです。

その後、布団の中でキスしたりして、しばらくイチャイチャして楽しい時間を過ごしました。

良い時間になったので、シャワーを浴びてホテルを出ます。

なつきちゃんを待ち合わせした場所まで送ります。

別れ際に、

「また会ってくれますか?」

と聞かれたので

「もちろん。」

と答えてバイバイしました。

エロい女の子とタダマンするならハッピーメール

今回、人妻と即パコした老舗の出会い系サイトはハッピーメールです。

累計登録者数2500万人突破しており、日本最大級の出会い系サイトです。

比較的若い女性の登録者が多いのがハッピーメールの強みの1つです。

登録者が多いため、幅広い欲求不満の女の子がたくさんいます。ヤりたい女の子とであれば、即パコも簡単にできます。

ハッピーメールへの無料登録はこちらから!

最新情報をチェックしよう!
>出会い系サイトでのエッチな体験談

出会い系サイトでのエッチな体験談