出会う為のコツ

おいちゃんが今まで数えきれへんぐらいの失敗を繰り返して、
辿り着いたコツをもったいぶらんと全て公開するで。
って言っても、そんな難しい事やなくて気持ちの持ちようが重要って事なんや。
下に詳しく書いてるから見てやって~。

やたらとモテる友達


おいちゃんの昔からの友達で、めちゃくちゃモテる「なおき」ってやつがおるんや。
そいつは、出張でいろんな都道府県に行く営業マンやねんけど、うらやましい事に出張で行く大体の地域にセフレがおるんや。
しかも、予定が合わへん時の為に最低2人やで。
さらに凄いんが、自分が結婚してる事を相手にも言ってるし相手も彼氏持ちの子も結構おるらしい。
意味がわからん。
なおきいわく、相手のテリトリーに入ったら結婚してようが彼氏がいようが関係ないらしいで。。。
おいちゃんがプライベートで行くから紹介して欲しいわ。

なおきのススメ

そんな、なおきにかなり真剣なテンションで、「なんでそんなモテるんや」って聞いた事があってな。
そしたら、理由をあっさり教えてもろた。
それが「余裕を作るコト。」
これだけみたいやで。
女っていうのは、昔から男が猟とかで留守の間、家を守らないとアカンって本能的が強いらしく、男よりも各段に自分のテリトリーを大切にする動物らしい。
だから、テリトリーに勝手に入ったらそれだけでアウトらしい。
テリトリーの門が開いてない時は、開くまで入らんように。
でも開いたらすかさず入らなアカンらしいで。(←ここがかなり重要)
それを簡単にまとめたら「余裕を作るコト。」に繋がるんやて。
確かに、余裕があると相手のテリトリーに勝手に入る事もないし、余裕があると門が開いたかどうかもわかる。
やっぱすごいぞなおきは!

たまたま見つけた「余裕」

何事も余裕が肝心や。
待ち合わせ時間にも余裕が大事、お金も余裕が大事。
でも、出会いの余裕ってなんのことか当時のおいちゃんはわからんかった。
時間をかけ、いろいろな経験をしてやっと意味を自分なりに理解というか体感したで。

ある日、仕事でかなり大きなトラブルを起こしてもうて、ほんまに3か月ぐらい休みが無く忙しい時があったんや。
それでも飯の時とか数分を見つけてはスマフォをポチポチしながら女を探しとった訳やけど。
今思い出してもキチガイやな。

そん時が、不思議なぐらいその時トントン拍子で会うまで進む事が多かったんや。
予定が合わんくて、涙を流しながら会うのを断った事もあるぐらいやからな。
その時はモテキきたで~とかなめた考えしかなかったけど、後から考えたら仕事が忙しすぎて、自然と一人の女への意識が減って、それが結果的に「余裕」になってたんちゃうかと。
でも、またあの仕事のしんどさを経験するんはホンマに嫌や。ホンマに。

「余裕」を再現する方法

仕事もさほど忙しくなく、休日も大した予定が無い、もちろん彼女はおらん、そんな俗に言う「暇人」なおいちゃんがどうやって余裕を出せばいいんやって考えた。
考えた。考えた結果、辿り着いた答えが「同時にいろんなサイトを使えば良いんや」という事。
若い子はSNSを何種類も使って、忙しそうにしてるやろ?
でも本人は忙しいと一切思ってなくて、むしろ充実して楽しんでるんや。
出会いを探すときも、全く一緒や。
出会い系を何種類も使って、1つのサイト・1人の女に集中せんかったら自然と「余裕」が生まれるんや。

同時に2人・3人とやりとりしてたら1人に対しての意識が減って返事が遅くてもあんまり気にならんくなるやろ?
それに自然と、メッセージの内容にも余裕が出るようになるんや。
1人しか、やり取りしてる子がいないと1通の中に2つも3つも質問をいれてしまったり、長文になりすぎたりしてしまうんや。
こういう焦りに女性は物凄く敏感なんや。
女性は、相手にリードされたいけど相手のペースに呑まれる事を嫌うんや。そして離れていってしまう。
一度この負の連鎖にハマってしまったら中々抜けるのが一苦労やで。

複数サイトを使うようになってから

複数サイト利用作戦をしてから、会う確率が格段に上がったわ。
自分でもビックリするぐらい変わった。
こんなおっさんが、女の子からのメッセージが多すぎてたまにうっとうしいって思うぐらいやで。
おいちゃんが今まで実際に会った事がある、サイトだけをまとめてるから是非この作戦を試してみて欲しい。
これが出会う為の最大のコツやで~。

投稿日:2016年12月27日 更新日:

執筆者: